情報商材とは、主にインターネットを介して売買され、その分野の成功者が、成功体験などをまとめたノウハウパッケージだと思って下さい。インターネットが出来るまえは情報商材と言う言葉自体存在しなかったと言われています。商品形態はe-bookと呼ばれる電子ファイル形式が主流ですが、紙文書やビデオ・DVD形式の商材の場合もあります。しかし、今のところ日本ではあまり浸透していません。日本人は、形のないものに対してお金を支払うという習慣がなく、目に見えないものや手に取れないものに関しては警戒心が強いと言われており、その為に非常に遅れた分野となっているからです。しかし、すでにアメリカでは、大切なノウハウを手に入れるための手段として当たり前のように多くの人から幅広く活用されています。